人を知る

STAFF

お客様の理想を
叶えるために、目を養い、
手を練り続ける。

村松 南摘

設計/2015年入社

村松 南摘

お客様の理想を叶えるために、目を養い、手を練り続ける。

村松 南摘

設計/2015年入社

私がしなのいえ工房を選んだ理由

もともと、有名建築家が設計した建物を見ることは好きでした。次第に、人が一番長い時間を過ごす「家」を設計したいと思うようになり、建築の道を志します。そして、専門学校でインテリア住環境について学び、企業合同説明会でしなのいえ工房と出会いました。
まず感じたのは、先輩社員の方々の人柄のよさ。地元・長野で就職し、なおかつ自分の希望する設計の仕事ができそうだったので、入社することを決めました。

私がしなのいえ工房を選んだ理由

女性ならではの視点を持ち、領域を広げていく

私は今、設計の仕事をしています。上司が描いた基本プランを図面化し、お客様と相談しながら詳細図を詰めていく。さらに最近は、照明計画なども任せてもらっています。
あるリノベーション物件の社内コンペでは、女性ならでは視点が評価され、私のプランが採用されることになりました。何もない状態から設計を行うのはたいへんですが、その分やりがいもあり、自分の考えた家が形になることにワクワク感を覚えています。
また、しなのいえ工房では棚やソファなどのオリジナル家具もお客様のライフスタイルに合わせて設計・制作しています。今後は領域をどんどん広げ、オリジナル家具の分野でも力を発揮していきたいと考えています。

女性ならではの視点を持ち、領域を広げていく

寸法感覚を養い、無駄のないプランを描く

上司からは「目を養い、手を練りなさい」と指導されています。目を養うというのは、いい建築物にたくさん触れること。手を練るというのは、いい建築物の図面をトレースすることです。先人の思考や手法を自分の中に取り込むことで、寸法感覚などが養われ、やがて無駄のないプランが描けるようになります。とにかく数をこなし、体で覚えることが重要なのだろうと思いながら取り組んでいます。
専門学校で建築を学び、数年の実務経験を積んだものの、まだまだ知識は足りません。ありがたいことに専門書の購入や外部セミナーへの参加などを会社がバックアップしてくれるので、それらを利用しながらスキルアップを図っているところです。

就活生へのメッセージ

まずはいろんな会社に触れてほしいと思います。WebサイトやSNSなどで得られる情報は多いですが、自分の目で見て、耳で聞いて、心で感じて確かめることも重要です。説明会などでは、事業内容だけではなく、社員の思いを知るようにしてください。数年後、自分がどんな姿になっているか、イメージできるとよいと思います。

OFFの過ごし方

OFFの過ごし方

ステイホーム期間中は家で映画鑑賞(特に洋画)をすることが多いですが、旅行が好きで、以前は年に一回は海外に行っていました。アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスを訪れた際には、映画のロケ地巡りもしました。また、建築の観点でいうと、フランク・ロイド・ライト設計の「エニス邸」が印象に残っています。

その他のスタッフ

OTHER STAFF